読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ADHD力向上委員会

ADHDを楽しく生き抜くためのブログです

ADHDってなんだろう?

ADHDの基礎知識

f:id:komakosensei:20160221144824j:plain

ADHDってなんだろう?

ADHDの特性

ADHDを日本語で書くと「注意欠陥/多動性障害」となります。この言葉はADHDの特性をよく表しています。

 

ADHDは、「不注意」「おっちょこちょい」「あわてんぼ」「片付けが下手」「落ち着きがない」のが特徴です。そのお蔭で仕事でミスが多かったり、家事が充分にできなかったり、いらないことを口に出して相手を怒らせてしまったり、上手く行かないことの連続です。

 

でもその一方で、「行動力がある」「ひらめきがある」「エネルギッシュに物事をこなす」という特徴もあります。また、ADHDタイプの人は愛嬌があり人に好かれやすい人が多いといえるでしょう。

 

世界の歴史を動かしてきた天才たちの中に、ADHDの特性を持った人たちはたくさんいます。

 

エジソン、アインシュタイン、リンカーン、ココ・シャネル。日本人では長嶋茂雄、坂本竜馬、織田信長が有名です。いずれの天才達も幼少期はADHDの特性のために周囲から受け入れられず大変な苦労がありました。しかし、本人の隠れた能力を見出し、サポートしてくれた人のお蔭で能力を発揮し、世界の歴史を動かすような偉業を成し遂げたのです。

 

確かに、ADHDの特性は本人や周りの人を振り回し、迷惑をかけてしまうかもしれません。でも、それには理由があり、少し生活に工夫を加えたり、本人が気をつけたり、周囲がサポートしてあげたら、修正は可能なのです。

 

こまった特性ばかりが目についてしまいますが、その「困った」を修正してみると、素晴らしい才能が隠れていて自分も、周囲の人も幸せな気持ちにしてくれるかもしれません。

 

かくいう私もADHDな特性を持っていて、周囲に迷惑をかけています。でも、周りにいるスタッフや友人が温かい目で見守ってくれ、苦手なところをサポートしてくれているおかげで元気に生きて行くことができています。

 

世の中にはADHDの困った特性のために、日々自己嫌悪に陥り生きにくさを感じている人がたくさんいます。中には、二次障害としてうつ病や統合失調症を発症してしまう人もいます。

 

そのような悲しいADHDな人たちが少しでも少なくなってくれたら、その為の小さな力になればと思っています。

スポンサードリンク