読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ADHD力向上委員会

ADHDを楽しく生き抜くためのブログです

ADHDの集中力を高めるアイテムバランスボール

f:id:komakosensei:20160521160843j:plain

 

ADHDの集中力を高めるアイテムバランスボール

ADHDの集中力のなさは覚醒が低いためです。目が覚める感覚刺激を与えることで集中力を補うことができます。

 

バランスボールとは?

バランスボールとはクッション性のあるボールで、20㎝~120㎝まで、様々な大きさがあります。

 

バランスボールの上に座ったり、様々なポーズをとることで体幹の筋肉を鍛えることができます。もともとはリハビリ用の道具だったのですが、最近はダイエットグッズとして人気があります。

 

バランスボールで得られる刺激

バランスボールに乗ると、バランスをとるために体幹の筋肉を動かします。また、弾力のあるボールの上に座ることで、お尻や太ももに椅子よりもしっかりとした圧迫刺激が伝わります。

 

身体の感覚には、固有覚というものがあります。「体の部位がここにあり、こんなふうに動いている」という身体の情報を感じる感覚です。

 

身体がどんな方向に動いているのか身体の位置関係を感じ取る「前庭感覚」というものがあります。平たく言うと「平衡感覚」です。

 

バランスボールはこの「固有覚刺激」や「前庭感覚」を感じることができます。

 

バランスボールの使い方

デスクワークをしている人は、バランスボールを椅子として使ってみるのがおすすめの方法です。

 

腰痛を改善する為に導入する企業が増えてきているようですが、実は集中力を高める効果も期待できるのです。

 

バランスボールは両足を床についていればそれほど不安定にはなりません。適度に固有覚や前庭感覚が刺激されるので、ADHDの覚醒をあげるのにはちょうどよい刺激になります。

 

自宅でパソコンワークをする人におすすめです。

 

 

 

オフィスには、バランスクッションという、見た目はクッションと変わらない商品がおすすめです。

 

HATAS(ハタス) バランスディスク DK380

HATAS(ハタス) バランスディスク DK380

 

 スポンサードリンク