読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ADHD力向上委員会

ADHDを楽しく生き抜くためのブログです

ADHDの怒りのコントロール21:ハッピーログで怒りから目を逸らそう

ADHDの怒りのコントロール

f:id:komakosensei:20160717165641j:plain

ADHDのアンガーコントロール21:ハッピーログで怒りから目を逸らそう

何が原因というわけではなくイライラする時、何もいいことがないとネガティブ思考になっているときは、ハッピーログをつけてみましょう。良かった出来事を書きだしてみると、「案外いいことあるんだ。」と小さな幸せに気付くことができます。

 

ハッピーログとは?

ハッピーログは、「良かったこと」「うれしかったこと」を記録していく方法です。文字として書きだすと、「良かった出来事」を視覚的に確認することができます。

 

忘れっぽいADHDさんにとって、過去の「うれしい出来事」を思い出すツールにもなるでしょう。

 

腹が立つことやイライラに意識がむいていると、ちょっとした幸せな出来事に気が付かなくなってしまいます。特に不注意型のADHDさんは、脳の報酬系の機能が弱いため、普段から「報われない」気持ちを持ちやすいのです。

 

ハッピーログをつける習慣が身につくと、自然と「嫌な出来事」よりも「うれしい出来事」を見つけるようになります。

 

ハッピーログの書き方

ハッピーログの項目は次の通りです。

 

  1. 嬉しい出来事が怒った日時と場所
  2. 起こった出来事
  3. その時の感情
  4. 嬉しさを10段階で表す

 

ハッピーログの記入例です。

 

  1. 2016年7月20日(水) 午後6時 仕事帰りに寄った本屋さん
  2. 前から欲しがっていた本を見つけた。でも、高いところにあって手が届かない。困っていたら、知らない男の人がとってくれた。しかも、すごいイケメン!
  3. 本を見つけてうれしかった!しかもカッコいい人がとってくれた!すごいラッキー!!
  4. 7!

ハッピーログになくことは、ほんの些細なことでいいのです。毎日すごくいいことなんて、そうそうおこるものではありません。でも、ハッピーログで気持ちが明るく前向きになれば、毎日が楽しくなりますよ。

 

↓↓かわいいノートに書くともっとハッピーになれるかも。

 

スポンサードリンク